HOME > 国立音楽大学附属高等学校・音楽科 > レッスン・公開レッスン
国立音楽大学附属高等学校・音楽科
公開レッスン・レクチャー
本校では、学内外から各分野の演奏家を招き、例年数回ずつの公開レッスンを行っています。
演奏家として教育者として名高い先生方のレッスンを経験することで、生徒、教員共にそこから多くを学び、レッスンのより一層の充実に役立てています。
アンジェロ・デ・ローザ先生 公開レクチャー
(イタリア語講師)
 
2016年12月6日
ミヒャエル・ウェルバ先生
オーケストラ・レッスン ファゴット公開レッスン

(ウィーンフィルハーモニー管弦楽団首席ファゴット奏者)
2016年10月24日
花岡 千春先生 公開レッスン
(ピアノ 国立音楽大学教授)
2016年10月13日
ヴィレム・ブロンズ先生 公開レッスン
(ピアノ アムステルダム音楽院教授)
2012年6月6日
2013年12月2日
2014年10月20日
2015年11月18日
2016年11月29日
アンナ・マリア・パーマー先生 公開レッスン
(声楽)
2015年9月15日
ダリオ・ポニッスィ先生 公開レクチャー
(歌手、オペラ演出家、振付家)
2012年8月4日
2012年12月4日
2013年10月8日
パスカル・ドゥヴァイオン先生 公開レクチャー
(ピアノ ベルリン芸術大学教授、英国王立音楽院客員教授)
2014年5月20日
渡邉 誠先生 公開講座
(声楽)
2014年12月2日
アレッシオ・バックス先生 公開レッスン
(ピアニスト)
2012年10月18日
2013年10月19日
パーヴェル・ネルセシアン先生 レクチャーコンサート
(ピアノ モスクワ音楽院教授)
2012年10月11日
LESSON
一流講師陣による充実のレッスン
第一線で活躍する60名以上の教員が指導にあたっています。複数の教員から定期的に直接アドバイスを受けたり、担当以外の教員にも指導を受けたりできる取り組みを行うほか、ピアノ専攻ではグレード制を導入するなど、個々の達成度に応じたきめ細かな指導、評価を行います。
声楽専攻2年生全員が出演する学内コンサート、下級生にも学校主催演奏会出演のチャンスが与えられる学内オーディション、海外の音楽学校との交流演奏会、ヴィレム・ブロンズ教授(アムステルダム大学院)をはじめ国内外の著名な講師を招いて毎年行う公開講座などを通じて、生徒の目的意識を高めています。
ピアノ
ピアノ音楽の解釈と奏法の基本と修得すると同時に、表現者としての個性を育むことを重視しています。今年度より附属中学校を含めた12段階のグレード制を本格的に導入し、生徒の力量に添って取り組むべき楽曲を自ら選択し、表現の根幹となるレパートリーを造り上げます。また、複数の教員から直接アドバイスを得る「トライアル」を定期的に行うなど、生徒が多角的な視点で音楽を捉え、表現力を高めるためのきめ細かなサポートを行います。
声楽
声楽の本格的な練習は、変声期を過ぎてしばらく経った頃から始めるため、高校時代は基礎を形づくる時期といえます。声楽レッスンは、コンコーネ50番のエチュードや古典イタリア歌曲から始め、単に声を磨くだけではなく、歌詞であるイタリア語やドイツ語などの発音や詩の解釈にも留意しながら、ロマン派や近代の作品へと進みます。同時にピアノ、合唱、音楽理論など声楽以外の分野を通じて音楽の構築力を獲得。将来、オペラやコンサートのステージで活躍するための実力の根幹をじっくり養成していきます。
弦楽器
基礎テクニック、表現力、時代様式に応じた演奏スタイルなどを学ぶことで将来、演奏家・教育者として活躍するための資質を育てます。年2回の実技試験で協奏曲などを仕上げるほか、スケールテストを定期的に行うことで日常の基礎練習を繰り返し行うよう徹底します。また、合奏の授業ではオーケストラを編成し、アンサンブルの能力を身につけていきます。年間3回のオーケストラの演奏会では小さい編成のアンサンブルから弦楽合奏、管弦楽まで多岐にわたった経験をすることができます。
管・打楽器
各楽器において、骨格や呼吸機能の発達にあわせた奏法の基礎を中心に学びます。また、生徒一人ひとりのレベルに合わせ、高校・音楽大学卒業後までを見据えて幅広い分野に対応、活躍できるよう、第一線で活躍する講師陣が、専門的に指導します。更に合奏(吹奏楽、オーケストラ)の授業を通して他の楽器とのアンサンブルを学習し、合奏の基礎から協調性、応用力を身に付ける等、多くのステージを経験しながら、総合的な力を習得していきます。
電子オルガン
主にクラシック作品を中心に、演奏と編曲を並行して習得していきます。オーケストラの各楽器の奏法のニュアンスを電子オルガンの鍵盤奏法に置き換えながら、幅広い表現の習得を目指し、またオーケストラスコアを電子オルガン用に編曲することで、和声法などの初歩的な作曲の分野にも触れていきます。このような基礎的事項を土台とし、さらなる自身の音楽表現を実現するための準備を整えていきます。
作曲
受験では初歩的な和声と創作の能力を求めるので半年ほどの勉強で合格できます。入学後は洗練された合理的指導のもと、1年次ではソナタ形式の作品提出を行い、2年生修了時には国立音楽大学推薦試験合格レベルに到達します。さらに、3年次ではP.Fauchet、P.Challan等の和声、フーガに取り組み、卒業時にはトリオ以上の編成による作品を完成させるだけの実力を身につけることができます。
平成28年度 国立音楽大学附属高等学校音楽科 レッスン担当教員一覧
ピアノ
朝山 裕子 安藤 丘 五十嵐 稔 石黒 典子 石島 美奈子 出久根 美由樹
伊勢 淑子 上田 彩子 遠藤 志葉 亀田 賢 神山 友紀 菊池 大成
菊地 珠里 木下 まさみ 日下 知奈 小畠 康史 小林 光裕 小宮 康裕
坂野 伊都子 佐藤 惠美 進藤 桃子 津嶋 啓一 橋本 正子 藤井 香里
宮下 ゆかり 吉野 康弘 米持 隆之 若ア 宏 渡辺 秋香  
声 楽
枝並 雅子 神林 紘一 鹿内 芳仁 羽根田 宏子 和田 茂士
ヴァイオリン
奥田 雅代 奥村 智洋 小林 倫子 白井 篤 吉野 薫
チェロ コントラバス ハープ フルート
宮澤 等 佐伯 坦要 佐藤 いずみ 大友 太郎 野原 千代
クラリネット サクソフォーン ファゴット トランペット ホルン
堀川 豊彦 滝上 典彦 馬込 勇 上條 浩史 阿部 麿
トロンボーン ユーフォニアム チューバ 打楽器
黒金 寛行 齋藤 充 岩井 英二 悪原 至 木次谷 紀子
作曲
奥定 美和 根本 由紀 円山 利絵 山本 康雄
電子オルガン
岩崎 孝昭 渡辺 睦樹