国立音楽大学附属高等学校・音楽科
進路情報
高校音楽科進路内訳
(2016年3月卒業生86名)
国立音楽大学 進学実績
(71名 うち内部推薦での進学率99%)
演奏学科   音楽文化教育学科
声楽 7名   音楽療法 1名
ピアノ 39名   幼児教育 6名
弦管打楽器 7名   音楽教育 6名
作曲 1名    
コンピューター音楽 4名  
2017年度よりジャズ専修への内部推薦が可能になりました。
4年生大学 進学実績
(過去4年間)
東京藝術大学 国際基督教大学
東京学芸大学 青山学院大学
愛知県立芸術大学 津田塾大学
桐朋学園大学 成城大学
東京音楽大学 清泉女子大学
武蔵野音楽大学 日本女子大学
フェリス女学院大学 日本大学
洗足学園音楽大学 東京医療保健大学
昭和音楽大学 神奈川歯科大学
多摩美術大学 東邦大学(医)
上智大学 ほか
学習院大学  
音楽をはじめ、多方面で音高卒業生は活躍しています。
自分を信じ、やり抜く力。
大切なことは音高で学びました。
会社経営者(株式会社 アルマード代表取締役社長)
鈴江さん
(音楽科26回生)

国立音楽大学卒業後は音楽から遠ざかっていましたが、子どもの成人を機に、一念発起して人生初めての就職。音楽以外の世界は不安でしたが、無我夢中で頑張り、認められるようになり気付いたのは、いまの自分があるのはすべて音高での学びがあったからこそ。
本質を求めていく強さや、努力の積み重ね方は音高時代に日常的に鍛えられていたもので、異業種であっても活かされるものです。音高で学ぶことで、無駄なことなど何ひとつありません。どんな世界であっても、自分に自信と誇りを持ち、勇気ある一歩を踏み出してください。
培った自発性と積極性で作曲家として
作品を発表していきたい。
作編曲家
挾間さん
(音楽科56回生)

個性的でフレンドリーでもある素晴らしい先生方と、様々な楽器を演奏するユニークなクラスメイトと過ごすことは、自発的に色々な活動を始めるきっかけとなりました。芸術祭でバンドを組んだり、学外でコンサートを企画したり。自分自身を客観視して、何が出来るか、セルフプロデュースして自発的に行動する力や積極性は、今の自分に大いに活かされています。
小さなオーケストラ m_unit”を率いて始めた演奏活動と共に、コンサート、ミュージカル、映像などの作編曲活動に携わりながら、 作曲家・挾間美帆”の作品も発信し続けていきたいです。
演奏会には欠かせない仕事。
音高には色々な可能性が存在しています。
東京都交響楽団 ステージスタッフ
小久保さん
(音楽科56回生)

ステージスタッフに興味を持ったのは音高時代のオーケストラ演奏の時です。大人数で演奏する楽しさや感動と共に、皆で一致団結し演奏会のためにセッティングをした時、その大切さと楽しさを実感しました。さらに、プロのオーケストラの演奏会で颯爽と働いている人達に憧れを抱き、今の職業を目指しました。
自由な校風のなか、将来の自分を見つけられる「きっかけ」になる沢山の可能性があります。これからも多くの方々に音楽の素晴らしさと感動を、そして心になにか灯せてもらえるよう頑張っていきたいと思います。
伸び伸びとした暖かい空気。
音楽を学ぶための最適な環境があります。
ヴァイオリニスト・国立音楽大学附属小学校講師
星野さん
(音楽科57回生)

音高でなければ音楽を続けられなかったかも、と思うことがあります。演奏会などで力が出せなかったり、先生から注意受けるたび、やめたほうがいいのでは?と考えていました。そんな私の気持ちを音楽に引きとどめてくださったのは、音高の持つのびのびと暖かいその空気。また、音高の先生方や授業は素晴らしく、ソルフェージュがとてもハイレベルで、大学進学後に改めて実感しました。私は音高で、自分が音楽をやる理由を見つけることができました。音楽をやる理由、自分に適した環境、沢山悩んで音高受験を検討してみてください。