国立音楽大学附属中学校
Q&A
入試について
入試の各教科はどんな事に注意したらよいでしょうか?
《国語》
標準的な問題。小学校授業の延長線上の問題を出します。日頃から小学校の演習用ドリルなどをしっかりと やっておくとよいでしょう。漢字は小学校国語教科書の最後のページ(6年で習う漢字)をこまめに時間をかけて練習します。日常生活の中で感動したり考えたりすることを大切にしておくとよいでしょう。
《算数》
小学校の授業の延長線上の問題を出題します。塾に行かないとできない問題はありませんが、受験用の問題集を1冊解いておきましょう。
過去問題を解き、計算が6割ほど出題されますので、計算力をつけておきましょう。
《視唱》
新曲視唱(その場で楽譜を初めて見て歌う)の試験です。少しの間、楽譜を読む時間が与えられ、試験は一人ずつ行います。普段から人前で歌えるように練習しておきましょう。
《ピアノ》
選択する曲によって有利不利はありません。大切なことは力が存分に発揮出来るように自分の現状に見合った 曲を選ぶ事です。テンポは一定に、速くなりすぎない、コントラストをはっきりと、左右の音量のバランス (メロディーなのか、伴奏なのかをはっきり)、音の粒を揃えましょう。 またピアノで補助ペダル等必要な場合は事前にお申し出ください。こちらで用意いたします。
《弦楽器》
自分で調弦できるように。※アジャスターをつけた楽器を用意する。レベルに応じた曲を選んでください。
※アジャスター:微妙な音程調整行うために取り付ける器具
《管楽器》
試験曲は任意の曲です。自分のレベルに応じた曲を選んでください。パート譜による曲は認められません。 曲になっているものを選んでください。伴奏はなしで、暗譜で演奏してください。
《オルガン》
クラシック、ポピュラーどちらでもかまいません。入学後はクラシックが中心となります。正しい手の形をしているか、テンポが安定しているかなどを見ます。基本的なことをしっかりと練習しておいてください。
合否判定において学科と実技のどちらに比重があるのでしょうか?
学科と実技それぞれの結果を見て総合的に判断しています。どちらか片方が出来れば良いという事で判定はしていません。
入試方法によって、授業はどのような違いがありますか?
入学試験とコースの希望によって下記の3つの授業形態があります。
《実技型入試で音楽コースに入学した場合》
学科授業の他に、主楽器のレッスン、副科ピアノ(主楽器がピアノの生徒以外)、合唱、専門音楽(ソルフェージュ、創作)を受けることになります。
《教科型入試で音楽コースに入学した場合》
実技型入試音楽コースの授業のうち、主楽器のレッスンだけがありません。
《教科型入試で普通コースに入学した場合》
学科の授業は音楽コースと共通になります。主楽器のレッスン、副科ピアノ、専門音楽の授業の時間に、主要3教科(英語,国語,数学)を中心とした少人数の授業を受けることになります。
コースの変更はどのように行われるのでしょうか?
《音楽コース → 普通コース》
年度末にコースの変更希望届を出し、コース変更が可能かどうかは成績等によって判断します。可能と判断された場合は、次年度より普通コースで授業が受けられます。
《普通コース → 音楽コース》
年度末にコースの変更希望届を出し、主楽器実技,副科ピアノ,ソルフェージュの試験を受けて合格すれば、次年度より主楽器実技のある音楽コースで授業が受けられます。
《主楽器のレッスンがない音楽コース → 主楽器実技のある音楽コース》
年度末にコースの変更希望届を出し、主楽器実技の試験を受けて合格すれば、次年度より主楽器実技のある音楽コースで授業が受けられます。
学校生活全般について
附属小学校からの生徒と外部受験で入学した生徒とで問題なく生活していますか?
入学後1ヶ月もすると附属、外部の区別なく、仲良く学校生活を送れるようになっています。また行事があるたびに、その関係は深まっていきますので、心配する必要はありません。
男子は少ないと聞いていますが、1学年何人くらいいて、学校生活はどのように送っていますか?
学年によって、7〜11名と人数は異なります。少ない人数の時でも、楽しく学校生活を送っています。
生徒数(平成28年度)
1年生 2年生 3年生
女子 男子 女子 男子 女子 男子
59名 11名 67名 7名 58名 7名
70名 74名 65名
制服はありますか?
指定の制服はありません。中学生らしい服装で登校しています。
学食はありますか?
学食はありませんが、パンの販売はしています。多くの生徒がお弁当を持参しています。
音楽関係について
レッスンはどのように行われていますか?
主楽器がピアノの生徒は、1年生では30分、2・3年生では50分のレッスンを行っています。
主楽器が電子オルガン・弦楽器・管楽器・打楽器の生徒は、1年生では30分、2・3年生では50分の主楽器のレッスンと15分の副科ピアノのレッスンを行っています。
声楽準備の生徒は、1・2年生では15分の副科ピアノのレッスン、3年生では声楽プレレッスンと副科ピアノのレッスンを合わせて50分で行っています。