国立音楽大学附属中学校
中学校の特徴
音楽コースと普通コース、未来が見つかる2つのコース
音中の愛称で親しまれている国立音楽大学附属 中学校は1949年に創立された男女共学校です。
音楽コースは音楽教育と一般教科の学習をバランスよく配分し、基礎学力はもちろん、音楽的な才能を着実に伸ばします。
また、普通コースは音楽に満ちた環境の中で基礎学力を定着させたうえで、将来に向けて色々な選択肢に対応できるよう、さらに学力強化を図ります。
生徒たちは緑豊かな環境の中で、のびのびと多様な学習や活動を通じて、人としての豊かな心を育んでいます。
入学後もコース変更や主楽器変更が可能 一人ひとりの未来を育む柔軟な教育体制
本校では、コースの変更や主楽器変更(適性試験あり)の制度があります。
生徒一人ひとりの可能性を発見し、進路変更も選択のひとつとして尊重し、その機会を設けています。