国立音楽大学附属中学校

未来が見つかる2つのコース、4つのプログラム

入学後もコース変更や主楽器変更が可能

一人ひとりの未来を育む柔軟な教育体制

本校では、コースの変更や主楽器変更の制度があります。
生徒一人ひとりの可能性を発見し、進路変更も選択のひとつとして尊重し、その機会を設けています。

留学制度

コミュニケーション力や人間力を高めるために海外研修(希望制)を取り入れています。2018年3月に中学生がオーストラリアのセント・マーガレット校にて研修を行い、8月には高校生がニュージーランドにて語学研修を行いました。参加者は言葉が通じず悔しい思いをしたこと、コミュニケーションが取れたときの喜び、異なる文化を受け入れる寛容さなどを経験し、大きく成長しました。2019年8月にはカナダ短期研修を予定しています。
高校音楽科では姉妹校であるオーストリア・リンツ音楽高校へ3ヵ月間のターム留学を実施しています。毎年1名が参加することができ、これまでに4名が留学しています。慣れないドイツ語に苦戦しながらも、音楽漬けの充実した日々を送っています。