国立音楽大学附属中学校
コース紹介
音楽コース
創立当初より、全ての義務教育課程の教科を大切にしたうえで、専門的な音楽の基礎教育を行っています。
また、さまざまな適性を見つけられるよう、ていねいに時間をかけて指導しています。
音楽の基礎教育
他校より多く設定された音楽の時間は、音楽の基礎教育にあてられています。個人レッスン、ソルフェージュ(視唱、聴音など)、創作(作曲)、音楽的感覚を養うリトミック、合唱等。
その全てが附属高等学校音楽科、国立音楽大学へ進むための基礎的な力へつながります。
充実の個人レッスン
生徒それぞれのレベルや目標に合わせてマンツーマンで親身に指導しています。
レッスン
声楽準備
オペラやミュージカルなど、本格的な声の学習へ向けてスムーズに移行できるよう、準備をしていくコースです。段階的に、少人数グループレッスンから個人レッスンへと、身体や声の成長に合わせてアドバイスをしていきます。
管・打楽器
各専門楽器において基礎を中心に学びます。特に音作りや体の成長に合わせた奏法を、国内外で活躍する講師陣の演奏を間近で聴くことにより的確に指導します。中学3年生からのオーケストラ授業では合奏形態に対応できる様、又ソロ楽器として演奏力を高める事を目標としています。
弦楽器
音中では、基礎を大変重視しています。中学生の時期は年齢的にさまざまな基礎を固めるおそらく最後のチャンスになります。その一環として年2回のスケールテストをおこない、生徒が継続的に基礎練習をすることの大切さを身につけます。また、同じく年2回の定期試験ではその基礎を生かしながら曲を中心に表現力を養います。
3学年では、本校高校生のオーケストラの授業に加わることで、合奏することの楽しさを体験しながらアンサンブルの力をつけます。
電子オルガン
クラシック音楽を中心に、電子オルガンの演奏に必要となる基本的な事柄を、総合的に学んでいきます。各生徒の能力に応じ、既成の楽譜を題材として、演奏や編曲の基礎を習得したり、更に進んだ段階として、オーケストラ作品などの自編曲にも挑戦していきます。また、スケール・カデンツ奏で様々な調性を覚え、コードネームつき一段譜を見ながら簡単なメロディーに伴奏をつけてきれいに弾くことで、即興演奏に必要な知識と技術を身につけていきます。
ピアノ
全ての基礎となる24調の「音階」「アルペジョ」「カデンツ」を修得すると同時に、それぞれの個性を表現するための感性を育むことを重視しています。附属高校音楽科を含めた12段階のグレード制を本格的に導入し、生徒の力量に添って取り組むべき楽曲を担当教員と相談しながら選択することで、レパートリーを増やしていく意識つくりを行っています。また、複数の教員から直接アドバイスを得る「トライアル」を定期的に行うなど、生徒が多角的な視点で音楽を捉え、表現力を高めるためのきめ細かなサポートを行います。
音楽コース 2つの入試型
未来の可能性を重視し、それぞれのスタートラインに合った2つの入試型を用意しています。
講演会
普通コース
2010年に誕生した普通コースは、音楽以外の道を希望する人のためのコースです。
音楽が身近にある環境で、知性とともに感性もバランス良く育む教育を実践しています。
少人数で落ち着いた雰囲気
国語・数学・英語では、音楽コースとは別の教材も用いて課題や問題に取り組む普通コース独自の授業があります。
普通コース独自の授業は少人数なので、教室内は落ち着いて静かに学習する雰囲気があります。そのような環境で、自分から進んで学習に取り組む姿勢を身に付けます。
解く力を養う指導
複数教科の教員による課題解決型の「コラボレーション授業」も行い、調べる力、資料をまとめる力、発表する力を育成しています。自分で考えて答えにたどり着く力を養い、それぞれのレベルアップを図ります。