国立音楽大学附属高等学校・普通科
特別進学コース
特別進学コースでは、日々の授業や特進講習、学習コーチの活用によって、国公立大学、難関私立大学や海外大学への進学を目指します。
難関大学進学を目指します
国公立、早慶上理、GMARCH以上の大学進学を狙う学力育成サイクル
難関大学合格に向けて、進度を速め、深度を深めて問題演習をたくさん実施します。学習コーチによるアドバイスを受け、効率よく学習をしていきます。
また、土曜日に月3回程度「特進講習」を行い、目標大学合格に向けた力を養成します。
学習コーチによる勉強方法指導
特進講習では生徒の自律した学習を促すため、教科指導以外に学習コーチの指導により下記のようなことを実践しています。
KUNION's Voice
●特別進学コースの特長
特別進学コースは共に過ごす時間が多いため、団結力が強く学校生活や行事も充実しています。
●KUNIONで成長した事
勉強する習慣が身につきました。国語や英語の苦手意識が消え、得意な数学は模試の点数が上がりました。
●特別進学コースの特長
前向きな態度で授業に取り組んで、生徒同士で教え合うこともあります。休み時間は和気藹々としていて、授業になると集中するクラスです。
●KUNIONで成長した事
自己管理ができるようになりました。毎日の英語の小テストによって単語量が急激に増え、「英語がわかる」ようになり、「英語が楽しい」と感じるようになり、学習意欲も向上しました。
●特別進学コースの学習の特長
進度が速く、より深く学習しています。毎日行う英語の小テストや特進講習の定着確認テストを通して「勉強する」習慣が身につきます。
●KUNIONで成長した事
少人数なので意見を聞かれることが多く、自分の主張を言うことができるようになりました。
●特別進学コースの学習の特長
学習コーチの先生方が一人ひとりに適した学習方法を一緒に考えてくださり、客観的な視点でのアドバイスも受けています。
●KUNIONで成長した事
先生に後押しされ、IBM主催「ヤング天城会議」に国音代表で参加しました。全国の高校生たちと様々な観点で話し合いをし、将来について具体的に考えるようになりました。
「できた!」と感じる勉強の楽しさが成績向上へ繋がります
 はじめまして。国立音楽大学附属中高の学習コーディネーターの清水章弘と申します。私は「勉強のやり方」を教える仕事をしています。塾を経営しながら、本や新聞連載を書いたりしています。また、NHKEテレのテレビ番組をお手伝いしていて、よく出演もしています。国立音楽大学附属中高では年間50日ほど、生徒たちや先生方と話したり、カリキュラムを作ったり、土曜特進講習を運営したりしています。
 勉強は「できない」を「できる」にすることです。だから、「丸付けまで」が勉強ではありません。「丸付けから」が勉強です。これが、勉強のやり方の基本です。勉強には、コツがあるのです。やってもできないのは、頭が悪いのではありません。やり方を知らないだけです。正しい勉強とは、自分に合ったやり方で、「わかった!」「できた!」という達成感を味わうもの。
 私は昔、勉強がきらいでした。でも、ふとしたことがきっかけに勉強の楽しさに気づき、なんとか現役で東大に合格しました。「東大生は頭がいい」なんて言われますが、それは違います。東大生は「人より早く勉強の楽しさに気づいた人」です。そもそも、勉強とは楽しいもの。「勉強のやり方」を通して、成績が上がり、楽しく勉強ができるようになることを、心から願っています。この学校で、いつか皆さんにお会いできることを楽しみにしています。
プロフィール
清水 章弘(しみず あきひろ)
国立音楽大学附属附属中学校・高等学校
学習コーディネーター
株式会社プラスティー教育研究所 代表取締役
1987年、千葉県船橋市生まれ。海城高等学校、東京大学教育学部を経て、同大学院(教育学研究科)修士課程修了。大学在学中、20歳で起業し、「勉強のやり方」を教える塾プラスティーを経営しながら、様々な学校・教育委員会・企業の教育アドバイザーを務める。著書は『現役東大生がこっそりやっている、頭がよくなる勉強法』(PHP)など11冊、累計40万部を突破。教育系テレビ番組の監修や出演も行っている。