国立音楽大学附属高等学校・普通科
普通科の特徴
自分だけの時間割をつくる選択制カリキュラム
確かな「授業力」による、一人ひとりの目標に合わせた豊富な選択授業
普通科のカリキュラムは、多様化が進む大学受験にも的確に対応できるよう選択制カリキュラムを導入しています。それぞれの進路志望に応じた選択科目を豊富に設け、3年次には取得単位の半分以上が選択授業になり、文系・理系・芸術系などの進路をきめ細かくサポートします。また、新しい大学入試制度にも対応した授業も行います。
科目別の年次別取得単位数
少人数授業
選択授業は学びを深める少人数指導
少人数教育からさらに、選択制カリキュラムにより1つ1つの授業の人数は少なくなり、生徒一人ひとりの志望に合わせた学習指導や問題作成など、より細やかなサポートが可能になっています。 特に物理や数学など理系の選択授業においては、教員1人に生徒2人でも行っており、ほぼ個別指導に近い形の授業が行われています。