くにおんダイアリー

コラボレーション授業(中学校普通コース1・2年)

2019.03.07

中学校普通コース1・2年生は、2月28日から3月5日にコラボレーション授業を受けました。
この授業は複数学年が合同で、複数の教員から習い、グループ毎に調べて発表するという授業です。
今回は「働くことの意義」を考え、「職業を調べる」をテーマに行いました。

行政書士の方の講演を聴き、
働くことの意義について学年ごとにディスカッションを行い、
1・2年合同のグループで職業を調べ、
PowerPointで発表資料を作成し、
グループ発表を行いました。
本校の普通コースの生徒は少数なので、複数の学年で合同学習を行うことができます。先輩が後輩にアドバイスをしながら学習していくので、先輩も後輩も普段以上に熱心に学習していました。
今、社会で必要とされている「情報を利用する力」「自分の考えを発表する力」「コミュニケーション力」を向上させるためにも今後もこの学習を続けていきたいと思っています。
講演をしてくださった行政書士の笠井慎一さん、生徒たちのために、わかりやすいお話をしてくださり、ありがとうございました。

普通科 修学旅行(一日目)

2019.03.06

普通科二年は修学旅行で沖縄を訪れています。

一日目となる今日は、那覇空港に到着後、ひめゆりの塔、米須海岸、沖縄平和記念公園を訪れました。どの訪問先も沖縄戦に関わる場所であり、「沖縄戦を知る」一日となりました。

ひめゆりの塔に併設されている平和祈念資料館では、体験者の声を受け継いだ次世代の説明員の方から、体験者の方の映像も交えながらお話を伺いました。実際のお話を聞くことで、自分たちとほとんど同じ年であった「ひめゆり学徒隊」の生徒たちが、戦争によって壮絶で悲惨な体験をしたという事実が、より鮮明に胸に迫ってきたのではないかと思います。生徒たちは真剣に耳を傾けていました。

生徒たちは皆、元気に過ごしています。

ひめゆりの塔

次世代の説明員の方による講話

米須海岸

 

生徒ホールに いけばな が飾ってあります

2019.02.28

本校にはJET プログラムによる教員が2名おります。ローレン先生はイギリスから、カイル先生はアメリカからいらして、本校の英語の授業を手伝ってくれています。
日本滞在中に少しでも多くの日本文化に触れていただきたいという思いから、本校の教諭がいけばなに誘い、月に一度のペースでいけばな教室を訪れ、意欲的に取り組んでいます。
以下は各先生方からのメッセージです。

JET ALTs come to Japan to share our cultures, but trying a class like ikebana is a great way to experience traditional Japanese culture.
I’m really enjoying trying something I wouldn’t have done in the UK, and I hope I can improve with time. :)            Lauren

JETプログラムのアシスタントイングリッシュティーチャーとして、文化交流するために日本に来ました。伝統的な日本文化を体験する方法として、いけばな教室はとてもよいと思います。イギリスではできないことへの挑戦をとても楽しんでいて、回を重ねるごとに上達していければいなと思っています。    ローレン先生

Before coming to Japan, I did not expect to try ikebana and take lessons each month, but I am really enjoying it and look forward to seeing which flowers we will use next time and how the finished arrangement will look. I recommend it to anyone who wants to experience a uniquely Japanese art.            Kyle

日本に来る前はいけばなに挑戦することも毎月レッスンを受けることも予想していませんでした。でも今はとても楽しんでいて、次はどの花を使うのか、完成品がどんな風になるのか楽しみにしています。日本独自の芸術を体験してみたい人にはおすすめです。      カイル先生

せいいくフレンズ 第2回ホームコンサート

2019.02.20


2月16日(土)国立育成医療研究センター講堂で、第2回ホームコンサートが行われました。このコンサートは当日行われた「小児がん交流フェスタ2019」の一環として行われたもので、本校音楽科1年生の安齋凛咲さんが、同級生3人を誘ってそれぞれの名前の頭文字をとったグループ「AIRS(エアーズ)」を結成し出演しました。「Caro mio ben」などの古典歌曲や「サウンド・オブ・ミュージック」からのナンバーなど親しみやすい曲を交えて自分たちで選曲、企画し、30分あまりのステージを務め上げました。
自らもこの病院で治療を続ける安齋さんは「つらい治療を乗り越える際の心の支えになった『音楽』を通じて、少しでも同じような環境にいるこどもたちの励みになれば嬉しいです」と話しています。このコンサートについては2月14日付朝日新聞でも紹介されました。
約150名を収容する会場は多くの立ち見が出る盛況となり、うららかな早春のひとときは爽やかな感動で包まれました。

いじめ防止対策授業を行いました(中1)

2019.02.19

本校では毎年、いじめ防止対策の授業を行っており、今年度も中学1年生向けの授業を2月14日に行いました。
今回は本校カウンセラーの霜村先生に講師を務めていただき、「いじめをなくすには? ~あなたの感情(気持ち)について考えてみよう~」という内容でを行いました。
生徒たちは真剣にお話しを聴き、考えている様子でした。
「いやな気持ちで心がもやもやしたら、そのもやもやを色にして全て吐き出す」
「何でイライラしているのか、その原因を考える。そして相手にはイライラを伝えるのではなく、イライラの原因をお話して理解してもらう」
など、マイナスの感情をそのまま相手に伝えないこと、インターネット上に悪口を書かないことなどを学びました。

カレンダー

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930