HOME > くにおんダイアリー
くにおんダイアリー
対面式(高校普通科)

始業式の後、高校普通科はスタジオにて対面式を行いました。
この対面式は、生徒会役員の紹介と話、新入生の言葉、拍手の交換、先生紹介を行うもので、普通科の伝統行事の1つです。

対面式後、1年生は視聴覚室へ移動し、オリエンテーションを行い、学習や学校生活について説明を受けました。
明日から授業が始まります。新入生のみなさん、がんばってくださいね。

メッセージ

3月で定年を迎えた山本康雄先生(作曲・音理・ソル)からメッセージを預かりましたので、ここで紹介させていただきます。

在校生諸君に       山本康雄

 音高に勤め始めてから32年が経った。この間私は作曲や理論・ソルフェージュの授業に携わり、この学校の特色でもある「自由と自主」を生徒に育む事に成就するべく努力を続けた。多くの参考書や教材が現日本の教育方法の底流にある、「正確なる模倣」と「指導上の効率を考えた順序」を重んじる記憶力による知識の連鎖を求めているが、この方法論は本校の教育方針「自由と自主」を生徒に育むことと全く別な集合である。その上音楽は多くの場合早期教育であるため、基本を学ぶ幼少期においては「自主を持たない子供」に対しての一方的な強制により、発展期においては「自主を教師側の提示から選択させる」という全く論理性のない教育方法が一般化されてしまった。
 さて昭和60年にこの学校で音楽理論を教えることになった。前述に矛盾と疑問を感じ自らが教育方法を立て直さなければという思いで就職したが、勿論方法論が胸中に存在していたわけではない。全ての責任を持ち全てを自分が実行をするしかない、ということを自分に誓い、何があっても振れない、揺るがない、妥協しないを覚悟し、必要悪と荒波という代償は全て背負うこととした。私は「最高水準」を音高に作るため教科書を持たさないこととオリジナル教材中心を実行したのも、その意思表示である。予想通り展開する理論の理解者は皆無であるだけでなく、受動的な学習、即ち解答の供給に慣れていた生徒達をも抵抗勢力の時もあったのである。六面楚歌(四面楚歌+天井面と床面)の中、いつか理解が得られる、を信じて「音高の音楽理論は最高水準である」を耐えながら確立した。話は変わるが、だから私は熊が好きだ。私は全教科、全ての教育、生きる智慧を育む鍵は「因数分解」と「連立方程式」だと考えている。
 生徒諸君、2つのことを約束してほしい。君たちはペットや家畜になってはいけない。常に社会に(野生)で生活出来る「生きる力」を蓄えていかなければならない。なぜなら君たちは学校という園内で一生を閉じるわけではない。学校は食べ物を口に入れてもらう所ではなく食べ物を探す所だ。お腹が空いたら吠え続けることだ。このことを忘れてはいけない。多摩動物公園のキリンの様になってはいけない。座って昼寝をするキリンの姿は異様な光景だ。もう一つ私の考え方は十分参考になるだろう。しかし私の方法を実行することを目的にしてはならない。なぜなら私の方法論の第一歩は30年前にある。当時はファミリーレストランが次々誕生し今までにないものとして画期的だった。今は「ハンバーグステーキ」ときいてもそれだけでは感動などない。つまり私の考えは古いかもしれない。
 最後に君達に生きる智慧を作り出す方法論の第一歩となるきっかけをあげよう。小中学校の義務化が廃止されたとしたら君は最初に何を学びたいだろうか。

KUNIONプレ講座2018

中学校は3月24日(土)にKUNIONプレ講座2018を行い、新年度のKUNION講座の概要説明と合唱教室を行いました。
今年の合唱教室は「親子で歌おう!」というテーマで、小学生のみなさんと保護者のみなさんと音中生たちといっしょに歌いました。
短い時間でしたが、素敵な合唱を作り上げることができたと思っています。
参加者のみなさま、ありがとうございました。

第23回定期演奏会を行いました(高校合唱部)

高等学校合唱部は、3月17日(土)に第23回定期演奏会(@武蔵野市民文化会館 小ホール)を行いました。
当日は保護者の皆様方やOGの先輩方をはじめ、多くの方がご来場くださいました。
またロビーにて東日本大震災復興支援の募金を行ない、総額46,768円を日本赤十字社の東日本大震災義援金へ送金いたしました。ご協力ありがとうございました。

演奏会、間近です! 吹奏楽部

高校普通科吹奏楽部は、定期演奏会に向けていよいよ大詰めの練習です。「そこ、もう一度!」「もっと歌って!」「時間がないよ!」 お越し下さる皆様に、ひとときの心地よい時間を過ごしていただくため、精一杯練習しております。日時は以下の通りです。
 国立音楽大学附属高校普通科吹奏楽部 第8回定期演奏会
 3月20日(火)13:45開場 14:00開演 入場無料
 国立音楽大学附属高校 2号館3階 スタジオにて
 JR国立駅または矢川駅 いずれも徒歩13分ほど
 (府中の森芸術劇場での公演から変更になりました)
皆様のお越しを心よりお待ちしております。
 

カレンダー
2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031