国立音楽大学附属高等学校・普通科
進学指導
三位一体の進路指導で実現した高い現役合格率
入学時から希望進路実現に向けて、生徒と担任と進路指導教諭が三位一体で継続して行う進路指導を実施しています。
また、多彩な分野で活躍する方を招く講演会、大学ガイダンスや大学見学など、生徒たちが自分の将来を考え、将来設計など、生き方に真剣に向き合う機会を数多く設けています。
学習サポート
弱点補強から大学入試対策まで。
すべての生徒のニーズに合わせて実力アップを目指します。
多様な選択授業に加え、受験に特化した補習や講習を多く実施しています。
教師が生徒一人ひとりの理解度を把握して臨み、それぞれの課題をピンポイントで補強し、実力をじっくり確実に養成することを目指します。
進路ガイダンス
学部学科ガイダンス
各大学の先生にお越しいただき、学部の内容についてお話ししていただきます。
大学ガイダンス
各大学の先生や広報担当者にお越しいただき、大学の特色についてお話しいただきます。
AO・推薦面接ガイダンス
面接の方法について、レクチャーがあり、各自の入試方法・学部などに合ったアドバイスをしてもらいます。 
進路面談
担任や進路指導担当教諭とは随時面談を行い、進路を確定していきます。
大学見学会
直接大学へ行き、話を聞いたり、研究室等を見せていただくなどして大学に対するイメージをはっきりさせます。
※平成28年度・・・慶応義塾大学、成蹊大学
進路講習会
進路が決定した3年生や卒業生に、勉強方法や、入試に向けての考え方、進路の決め方、志望校の決定方法などを話してもらいます。
生徒の志望大学に在学生がいる場合は、その大学生から、1対1で話を聞くこともあります。
講演会
キャリア教育の一環として、各業界で活躍している方々をお招きして、それぞれの仕事についてお話をしていただきます。
※過去の講演… テレビ局ディレクター、キャビンアテンダント、
国立市長など
補習・講習
レベルアップ講習
朝・放課後補習のほか、マンツーマン補習を実施。通常の授業に加え、補習で生徒一人ひとりが「わかる」までとことん付き合う二段構えのシステムで、基礎学力を養います。
春の特別授業
3月に、4月からの授業へスムーズに移行していけるよう英語・国語・数学・理科・社会を約2週間にわたり、新学年の授業を先取りして学びます。
土曜講習
毎月2回程度、日頃の授業とは異なる特別授業を英語・国語・数学などを中心に行います。通常授業よりハイレベルな講習や弱点補強を目指す講習など習熟度別に行う授業もあります。
夏期・冬期講習
大学入試に照準を合わせ、英語・国語・数学を中心に実施。3年次には、社会・理科も加わり、夏期講習は約20日間、3年生の英語上級は1回100分を年間約28回行っています。
志望大学別問題演習
それぞれの希望する進路に合わせた過去の入試問題や出題傾向、小論文指導など、実践的な力を養います。特に英語は外部から講師を招き、特別講習を行っています。