国立音楽大学附属高等学校・普通科

普通科の進学実績

毎年、国公立・慶應・早稲田・上智大学に複数合格しています。近年はGMARCHの合格者数が増加しています。
また歯学部や薬学部・看護学部への合格者数も着実に増えています。

4年制・6年制大学合格実績

(過去3カ年)

  • 東京外国語大学
  • 千葉大学
  • 埼玉大学
  • 慶應義塾大学
  • 早稲田大学
  • 上智大学
  • 明治大学
  • 青山学院大学
  • 立教大学
  • 中央大学
  • 法政大学
  • 学習院大学
  • 東京女子大学
  • 日本女子大学
  • 成蹊大学
  • 成城大学
  • 明治学院大学
  • 武蔵大学
  • 東洋大学
  • 駒澤大学
  • 専修大学
  • 白百合女子大学
  • フェリス女学院大学
  • 東京家政大学
  • 東京薬科大学
  • 東京農業大学
  • 北里大学
  • 杏林大学
  • 日本大学(歯)
  • 横浜薬科大学
  • 帝京平成大学(薬)
  • 東京医療保健大学
  • 東京都市大学
  • 工学院大学
  • 東京工科大学
  • 玉川大学
  • 関西学院大学
  • 金沢工業大学
  • 国立音楽大学
  • ほか

指定校推薦

中央大学 女子栄養大学
成蹊大学 日本歯科大学
成城大学 横浜薬科大学
武蔵大学 工学院大学
東洋大学 東京電機大学
獨協大学 フェリス女学院大学
玉川大学  

など約80校300学科

国立音楽大学への内部推薦制度

普通科から内部推薦可能な学科

演奏・創作学科
コンピュータ音楽専修
音楽文化教育学科 音楽文化教育専攻
音楽教育専修 音楽療法専修 音楽情報専修
音楽文化教育学科
幼児音楽教育専攻

卒業後は、音楽教諭や幼児教育、音楽関連企業など様々な分野で活躍しています。

KUNION Interview

●Sさん
高校在学中の学業面での思い出は、個性豊かな先生方の面白い授業と、きめ細やかな個人指導です。地元の公立中学校に通っており、1クラス40名程度の中で講義形式の授業を受けていた私にとって、少人数で、「考えさせる授業」中心の環境はとても新しく映りました。また、わからないところを先生にお聞きした際は、生徒一人ひとりが納得するまで丁寧に教えて下さったことが印象的でした。受験期には、一人ひとり克服すべき箇所やレベルも異なりますので、個別に対応できる環境にいたことは非常にありがたかったです。特に福田先生には、推薦入試の小論文や、センター古文・漢文について何度もご指導いただきました。

●福田教諭
受験校ごとに課題の異なる小論文には、個別に対応しやすい環境が役立ちました。過去問を中心に添削を重ねるうちに、書く事への抵抗がなくなり、志望分野に関する問題意識も深まっていきました。将来の目標を明確に持ち、真剣な姿勢で取り組んだことで力を伸ばせたのだと思います。

●Sさん
国音では、自ら考え、学ぶ力が身についたと思います。自由な環境だからこそ生徒一人ひとりが自立していて、お互いの個性を認め合えるのが国音の大好きなところです。素敵な友人に出会えたことはもちろん、先生方には、授業で分からないところを放課後や空き時間に徹底的に教えて頂きました。また進路に関しても納得のいくまで何時間でも相談に乗って頂き、とても感謝しています。そうしたサポートのおかげで、塾などに通うことなく第一志望だった上智大学外国語学部英語学科に合格することができました。自由な環境、そして先生方との距離が近い国音だからこそ充実した高校生活と目標達成が可能でした。

●柳沼教諭
高校入学当初から、将来は大好きな英語を使って海外で活躍できる仕事に就きたい、という希望があるとの進路相談を受けていました。放課後や空き時間を用いて積極的に英語の学習に励み、その結果英検準1級に合格し、更に第一志望大学の合格も果たしました。これはどんな些細な問題でも一生懸命取り組み、努力した成果だと思っています。

先生からのアドバイスをもとに塾に通わずに学力を身につけました。

法政大学 情報科学部 ディジタルメディア学科 1年生
Tさん
(2019年卒)

普通科は、1学年の人数がとても少なく、先生との距離が近いので、生徒に合った授業を受けられます。私は、先生からの「毎日問題集に取り組む」というアドバイスのおかげで、高校3年間塾に通わずに学力をつけることができました。私は理系学部に進むために、特に数学の勉強に力を入れました。計算する上で必要になる公式は「暗記するもの」でなく、「理解するもの」です。その理解は実際に計算を行うことで得られると思っています。これは他の教科にも通じると思うので、実践練習を怠らず、自分のものにしながら勉強に取り組んでください。また国音では普通の高校では受けられない、音楽に関する授業を受講することができます。2年次には合唱の授業があり、その成果を大学の講堂で披露しました。音楽の知識が浅い生徒でも、楽しく授業を受けていて、音楽の楽しさを学ぶ良い機会でした。

自分に合った選択授業のおかげで物事を深く考え、理解することができました。

千葉大学 理学部 物理学科 1年生
Hさん
(2019年卒)

国音の特徴は自由なところだと思います。選択授業は自分の受けたいもの、受けるべきものを選ぶことができます。私は受験に必要な科目が多く、勉強のペース作りのためにも多めに科目をとりましたが、授業数を減らして自宅で集中して勉強する人や、音楽系の科目を多くとっていた人、学校外での活動に力をいれている人もいました。選択授業は少人数のものが多いため、先生が自分に合った授業をしてくれます。私はそこで物事を自分で考えることで、深く理解をすることができました。わからないところをすぐに質問することができるのもよかったと思います。私は物理や数学に興味を持ち、大学ではそれらについてより深く関わっていきたいと思っていました。先生はそうした考えを理解して、丁寧に進路などについて考えてくれました。国音は大学を目指す準備をする環境が整っている学校でもあると思います。

少人数制なので、生徒一人ひとりに合った指導をしてくださいました。

埼玉大学 教育学部 初等教育教員養成課程
小学校コース 2年生
Sさん
(2018年卒)

私が思う国音の魅力は、「自由さ」と「少人数制」です。普通科は2、3年生になると、多くの選択授業の中から、文系、理系、音楽系など、自分の進路に合わせて自由に組み合わせて取ることができます。進路は十人十色である為授業は少人数制になります。その魅力は、生徒同士はもちろん、先生方との距離が近いことだと思います。先生方は常に生徒一人一人の状況を把握していて、それぞれに合った指導をしてくださいます。授業中わからなかったところを質問しに行くと、丁寧に教えてくださったり、英検の二次試験の対策をしてくださったり、進路相談をしてくださったりと、大学受験に向けて、準備を進めることができました。

塾へ行かずに受験で通用する実力を手にすることができました。

法政大学 文学部史学科 2年生
Kさん
(2018年卒)

普通科は少人数のため友人との強固な関係が築きやすいです。勉強面では、さらに人数を細かくわけた選択授業があります。生徒が4~5人程しかいない授業もあり、先生との距離が近いのでわからないことはすぐに質問できる環境になっています。僕は3年生からプラスティーの講習を受講したおかげで塾へ行かずに受験で通用する実力を手にすることができました。僕は2つの部活を兼部していたため放課後は毎日部活に専念し、休日は友人と遊ぶなどして充実した日々を過ごしました。高校生活の3年間はあっという間に過ぎ去っていきます。勉強も大切ですが、自分のやりたい事、熱中できる事を見つけてぜひ楽しい3年間を送ってください。大切なのは「どこへ行くか」ではなく、「行った先で何をするか」です。

少人数の選択授業や先生方の細やかなサポートが志望校への合格に繋がりました。

慶應義塾大学 文学部 人文社会科 3年生
Sさん
(2017年卒)

2年生からの選択授業は少人数で、生徒一人ひとりに応じた問題を先生が用意してくれたり、手厚くサポートをしてくれたりしました。また、普通科でも吹奏楽部や合唱部などレベルの高い音楽系の部活があり、音楽を楽しみながら高校生活を送ることができる環境が整っています。
3年生では、一般入試に向けての勉強をしながら、公募推薦の準備もしましたが、信頼している先生に助言をいただき、添削も長い時間にわたりしていただきました。音楽、勉強のどちらにも力を注げる環境の整っているところが国音の魅力だと思います。

音楽に囲まれた豊かな環境で先生と一緒に自分の将来を考えられる学校です。

成蹊大学 文学部 英米文学科 3年生
Aさん
(2017年卒)

1年生の時に英語の先生の勧めで友達と一緒に英語での討論大会に出場した際、英語について勉強して留学を経験したいと思い留学のサポートの手厚い大学への進学を考えるようになりました。そこで先生に相談したところ、指定校推薦に私の条件に合う大学があることを教えてくださり、自分でもオープンキャンパスに行ったりして調べて成蹊大学を受験することに決めました。受験に向けても自己PRの添削であったり面接に向けての練習を手伝ってくださったりと支えてくださいました。そういった一人ひとりに対するサポートが整っていることは国音の魅力だと思います。

先生との絆が合格へと繋がりました。

早稲田大学 文化構想学部 4年生
Tさん
(2016年卒)

少人数教育の良さは何より先生との距離が近いところ。先生は私たち生徒一人ひとりの状況を把握していて、勉強や学校生活のちょっとした事でも、声をかけてもらえ、進路をはじめ様々な相談にのっていただきました。常に先生との交流があるので、勉強面でも精神面でも安心して大学入試に臨み、無事に志望校に合格できました。

友達と一緒だから頑張れた受験勉強。

上智大学 外国語学部 4年生
Sさん
(2016年卒)

音高は少人数制なので友達関係もより親密になります。友達はそれぞれの進路を目指す仲間であり、ライバルでした。お互いの苦手分野を教え合ったり、一緒に先生に聞きに行ったり、アットホームな雰囲気が印象に残っています。進路に向けての勉強は大変でしたが、友達と励まし合いながら頑張って来られたことが進路の実現に繋がったのだと思います。