くにおんダイアリー

新任の先生を紹介します!①

2018.05.23

くにおんではこの4月から、新しく専任として6人の先生方が着任されました。
そこで今日から、新任の先生方を少しずつ紹介していきます。

第一回目の今回は、阿部早紀子先生(英語科)と、宮沢愛実先生(音楽科)の紹介です。
まずは、阿部先生のインタビューからどうぞ!

・趣味は何ですか?
雑貨屋さん、文房具屋さん巡り  

・先生の今までの音楽との関わりは?
5歳から11歳までピアノを習っていました。私の祖母は過去にピアノの先生をやっており今もクラシック鑑賞が好きなので祖母の家に行けばグランドピアノで弾いたりテレビ・ラジオからクラシック音楽が聴こえてきたりします。

・先生になった理由は?
小学校5年生の時の担任の先生に憧れそのときから漠然と考えていました。中学で初めて英語に触れ大学進学を決める際にも「英語の教員になる」ことを軸に受験生として過ごしていました。

・どんな中学生・高校生でしたか?
学級委員や部活動での部長・キャプテンをやるなど人前に出て活発に行動していました。

・国立音楽大学附属中学校・高等学校の第一印象は?
生徒たちが個を伸ばし尊重し合っているという印象です。私の出身の中学校・高校は校則が厳しかったため大学に入って自由を感じましたが、中学生、高校生のうちから自由とは何かを考えながら学校生活を送れるという環境が素晴らしいと感じます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

続いて、宮沢先生のインタビューです。宮沢先生は、本校の音楽科の卒業生です。

・趣味は何ですか?
美術鑑賞です。特に宗教絵画の分析は楽曲分析と同じくらい好きです。

・先生の今までの音楽との関わりは?
3歳よりピアノを始めました。トランペットやヴァイオリン、打楽器を勉強していた時期もあります。エクリチュールは今でも勉強中です。

・先生になった理由は?
元来教員志望であった私ですが、音高での教育実習時に山本康雄先生と運命的な出会いをさせて頂き、その指導の深さに心服いたしましたのが大きな理由です。実習を経たのち、自分の中にこの学校で音楽理論・ソルフェージュの教員を目指す!という気持ちが沸々と湧き上がり、死に物狂いで勉強しました。

・どんな中学生・高校生でしたか?
当時をよく知る吉野副校長先生にコメントを頂きました。
「自分の門下生でありながら、幸運にも初めての担任のクラス委員で色々助けてくれました。とても有り難かったですが、肝心のレッスンの方は…う~む。」

・国立音楽大学附属中学校・高等学校の第一印象は?
初めてこの学校を訪れたのは小学6年生の時でした。温かい校風、ピカピカの3号館がとても印象的でした。

(写真左:阿部先生、右:宮沢先生)

カレンダー

2018年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031